ウイルス性は感染する

カウンセリング

飲み薬で抑制も可能

いぼには2つの種類があります。ウイルスによるものと、摩擦や紫外線などの刺激によって発生するものです。その2つは見た目も治療方法も異なっています。ウイルスによって発症したいぼは、表皮が分厚くなり、ドーム型に皮膚から突起します。いぼに触れた手で、自身や他人の健康な皮膚に触れると感染してしまうため、早期に切除してしまうことが好ましいです。切除方法はレーザーなどで焼き切ってしまうか、メスなどの医療器具で切り取ってしまう方法が一般的です。特に切り取る方法ですとウイルスを取り残す心配がないので、再発のリスクを大幅に減らすことができます。一方摩擦などの刺激で発生したものは、老人性いぼと呼ばれています。こちらは皮膚にもたらされた刺激が時間をかけて固いできものになっていき、帯状に発生するのが特徴です。ウイルス性と違って感染はしませんが、体質に大きく関わっているため、一度取り除いてもまた発症してしまう可能性があります。飲み薬などによってある程度発症は抑制できるため、一度美容外科クリニックやスキンクリニックなどで取り除いてもらい、薬の服用で様子を見ることが多いです。老人性のいぼの切除方法は、レーザー治療がよく用いられます。やや治療費がかかるため、飲み薬だけで様子を見る場合もあります。いぼは発生してしまうと見た目がよくないため、早期に取ってしまいたいと考える人が多いです。中でもウイルス性のいぼは感染の恐れもあり、放置して他の健康な皮膚にウイルスが付着すると増殖する可能性があります。皮膚科でも除去治療は可能ですが、指先など目に触れる箇所にできてしまった場合は痕残りが気になります。美容外科クリニックでの除去であれば「美しく取る」治療を実現しやすいため、皮膚科よりも美容外科クリニックでの除去が選ばれる傾向にあります。美容外科クリニックにおける除去方法は、切除縫合手術とレーザー治療があります。切除縫合手術であれば根まで取り除けるため、再発のリスクを減らすことが可能です。皮膚にメスを入れるため抜糸が必要になりますが、回復すれば痕も薄くなっていきます。レーザー治療は出血が少なく、切除に掛かる時間も短いので忙しい人には適した方法です。レーザーをいぼに照射することでウイルスに感染した組織を少しずつ削り取っていく仕組みとなっています。照射直後はやや火傷のような痕が残りますが、こちらも時間と共に回復していきます。レーザー治療の場合は自由診療となるため、大きさによっては治療費がかかる可能性がありますので注意が必要です。

女性

皮膚科と外科の違い

美容クリニックは美容皮膚科や美容整形外科など意外と種類がありますが、いぼの種類によって利用するべき病院が変わるので注意です。いぼは切除する際に長期にわたってケアしなければならないことが多いので、初心者はそのことを良く知っておきましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

治療効果が高い

いぼの治療方法のひとつがレーザーを使用した切除です。レーザーを使用することから時間をかけずに治療することができることや、治療効果が高いメリットが挙げられます。事前に医療費に関することやアフターケアについて確認することが大事です。

詳しく見る

看護師

皮膚科クリニックで検査を

皮膚科や美容皮膚科のクリニックを利用すれば、いぼをキレイに切除することができます。いぼには脂漏性角化症や老人性疣贅、尋常性疣贅などさまざまな種類があり、それに合わせて液体窒素やレーザーなどの治療法を選びます。

詳しく見る

女医

原因を知ることから

いぼにはそれ自体にたくさんの種類があるため治療方法も多岐に渡ります。また、原因となるウィルスも数多く存在します。自分に合った切除方法を選ぶためには自分のいぼの症状を正しく把握しておかなければなりません。

詳しく見る

Copyright© 2018 いぼにも種類がある【早期に切除してしまうことが好ましい】 All Rights Reserved.