治療効果が高い

顔に触れる女性

事前の確認が大事

いぼは医学では疣贅と呼ばれ、ウィルス性のものと加齢によるものがあります。基本的には良性の腫瘍であり、ウィルス性のものも時間の経過とともに自然に治癒します。しかしながら気になる部位にできた場合や、日に日に大きくなっていく場合などは治療をすることが大事なポイントとなります。いぼの治療方法のひとつとして切除が挙げられます。切除というとメスを使用した外科手術が連想できますが、いぼの治療においてメスを使用した方法が選択されることは稀なケースです。いぼ自体が悪性腫瘍の可能性があるときには早急に取り除く必要があるので外科手術を行うこともありますが、基本的には切除においてはレーザーを使用した方法が行われます。レーザーを使用した方法では治療では治療効果が高いことが特徴です。一口にレーザーと言っても医療機関によって使用するレーザーは異なります。また、いぼの種類によってレーザーを変えて治療をすることもあります。使用するレーザーの種類によっては保険適用とならないこともあるので、治療を受ける前に事前に確認しておくことがポイントです。また、レーザーによっては治療後に跡が残る可能性もあるので、そのリスクについても理解しておく必要があります。いぼをレーザーで治療する場合には医療機関を受診する必要があります。いぼの種類を医師が判断して治療計画を立てます。基本的には液体窒素を使用した方法が第一選択肢となることが多いので、もしもレーザーを使った切除を希望する場合には医師にその旨を伝えておくことや、レーザー治療を実施している医院を選ぶことが大事です。すべての医療機関でレーザー治療を実施しているとは限らないからです。事前にインターネットなどを活用して医療機関を調べておくこともポイントです。レーザーを使った切除では痛みが発生するので局所麻酔を使用して治療を行いますが、治療時間は短く通院回数も少ないことがメリットです。治療を申し込むときには医療機関にもよりますが、医師の診察を受けた後に予約することが多いです。事前に医師による説明があるのでよく聞いて理解することが大事です。いぼをレーザーで切除する場合、レーザーを照射した後の患部のケアが重要となります。軟膏を塗るなどのケアを自分自身で行う必要があります。不安な点等は確認しておく必要があります。また費用に関することも確認する必要があります。治療する個数によって費用は変わるので、全体で必要な医療費をあらかじめ確認することが大事です。

Copyright© 2018 いぼにも種類がある【早期に切除してしまうことが好ましい】 All Rights Reserved.